ダイエットの神さまが誰でもできるダイエット方法を紹介します。

ダイエットに食事制限は必要なのか

わたし「食事制限をしたほうがいいですかね」

 

神さま「やめたほうがいい」

 

わたし「どうしてですか」

 

神さま「続かないからだ。よくリバウンドしている人を見かけないか」

 

わたし「見かけますね」

 

神さま「それは無理をしてしまったからだ。ダイエット中は食事制限したり、一生懸命筋トレしても、やめてしまったら意味がない。決して無理は続かない」

 

わたし「続けなければ意味がありませんよね」

 

神さま「だからこそ、無理しなくても良いようにすることが大切だ。どうすればよいと思う?」

 

わたし「              」

 

神さま「私なら、長期的な目標を立てる。よく1ヶ月で10キロ痩せたなんてダイエット関連の広告を見るが、そんな方法は続かない」

 

わたし「急激に痩せられるのはうらやましいですが」

 

神さま「痩せた後が大切なんだ。もしも、急激に痩せたのであれば、それを続けるしかない。例えば、君の好きな食べ物はなんだ」

 

わたし「                」

 

神さま「じゃあ、それをダイエットのために一生我慢しろと言われたらどうだ?」

 

わたし「しんどいですし。無理ですね」

 

神さま「だからこそ、長期的に痩せる計画を立てたほうがいい。例えば、1ヶ月で2〜3キロぐらいにしておいたほうがいい」

 

わたし「じゃあ、私は(      )ヶ月ぐらいかけたほうがいいのですね」

 

神さま「そうだ。突然、食べなくなるのはやめたほうがいい」

 

わたし「お菓子でもですか?」

 

神さま「そうだ。お菓子が好きならお菓子を食べてもいい。ただし、徐々に減らすことだ」

 

わたし「どのように減らせばよいのですか?」

 

神さま「まずはお菓子を食べる際に食べる量を決めることだ。例えば、食べる量だけ器に分けて食べるのも良い」

 

わたし「そうであれば、最初から小分けになっているお菓子を食べてもいいわけですね」

 

神さま「そうだな。あと、高級なお菓子を食べるのも良い」

 

わたし「なぜですか?」

 

神さま「高級なお菓子だともったいなくて、たくさん食べたいとは思わないだろう?」

 

わたし「確かに。」

 

神さま「食事は無理のない範囲で減らすことだ。もしも本当に食事を制限できないのであれば、その分を運動でカバーすればいい」

 

わたし「私も食べ過ぎたら、いつもより多く筋トレをすることにしています」

 

神さま「必要以上に食べたら運動をするといった罰ゲームを設けるのはいいな」

 

わたし「とくに仕事でお付き合いがあると避けられません」

 

神さま「仕方ないことだな。運動だけではなく、会食の前日、会食の次の日の朝は食事の量を減らすのも良い」

 

わたし「明日は会食なので、今日は食事の量を控えます」